~海の危険生物について~/アルガイド沖縄

沖縄のシーカヤック、青の洞窟、スタンドアップパドルで自然体験ツアー

ツアーのご案内

ショップガイド

質問・ギャラリー

~海の危険生物について~

こんにちは😊

今日は、海の危険生物について紹介したいと思います!!

その中でも被害の多いクラゲについて紹介していきます。

台風5号、6号が去った後の沖縄ではクラゲの被害が相次いでいます💦

8月だけで11人病院に搬送されているそうです…😱

①ハブクラゲ

沖縄で最も被害の多い海の危険生物。5月~10月頃にかけて海水浴場など浅い海に出現します。

大きいもので傘の高さが10cmくらい、触手に長さが150cm以上に伸びることもあります。

毒性がかなり強く刺されると激しい痛みを伴い、赤いミミズ腫れかなり痒くなります💦

私も刺された時はビリッと!!という感覚の後、痛みがきました🙄

刺された次の日⇩

7月末に刺されましたが、未だに跡が残っている状態です…。

※ハブクラゲに刺された時の対処法※

1.刺されたと思ったらすぐに海から上がる ※刺された部分は擦らない

2.酢(食酢)をたっぷりかける※酢はハブクラゲにのみ有効。(酢には刺胞の発射を抑える効果がある)

※ハブクラゲか分からない場合は、海水!

3.食酢をすっと取り除き、氷や冷水で冷やす ※症状が酷い場合は病院へ

②カツオノエボシ 別名:電気クラゲ

外洋性のクラゲで、風の強い日に岸に打ち寄せられている。青い浮袋で水面に浮き、その下に数本の長い触手が垂れ下がっている。

別名の電気クラゲと言われている通り、猛毒を持ち刺されると電気ショックをような痛みがある。

海岸に打ち上がり死んでいても、毒が残っている場合があるので触らないように注意!

ビニール袋と間違えて触ってしまうことがある。

※カツオノエボシに刺された時の対処法※

1.刺された部分は擦らずに海水で刺胞球や触手を洗い流す

※洗い流す際に酢は使わないこと!

2.氷や冷水で冷やす

今回はこの2種類を紹介しましたが、海には他にも危険な生物はいっぱい💦

クラゲなどに刺されないためにも、ラッシュガードウェットスーツなど自分を守れる物を身に着けて、楽しく海で遊べるようにしましょう!!

分らないものは触らないようにしましょうね~✋

やよひ

 

 

 

 

 

前に戻る

コメントをどうぞ

アルガイドではコメント大歓迎です!
コメントは承認制になっており反映されるまで少しだけお時間がかかります。

CAPTCHA

運営会社:アルワゴンジャパン合同会社
〒904-0416 沖縄県国頭郡恩納村山田3088-1 マリブビーチ内
電話:098-982-5605
モバイル直通:090-5921-6324
沖縄の青の洞窟、シーカヤック(シット・オン・トップ・カヤック)、SUP(スタンドアップパドルボード)で行く自然体験ツアー、青い海をシュノーケリングなど楽しいガイドを行います。
2011 - 2020 © アルガイド沖縄(アルワゴンジャパン合同会社)
ML Design