虹って・・・🌈/アルガイド沖縄

沖縄の青の洞窟、シーカヤック、スタンドアップパドルで自然体験ツアー

虹って・・・🌈

虹って・・・🌈

はいたい!!

今回のブログは、

そう、って・・・

なぜできるのだろう??です☝

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

🌟ANSWER🌟

雨上がりや雨が降っているとき、太陽とは反対の方に虹が現れます。

太陽の光は、赤や紫など、いろいろな波長をもつ光の集まりなのですが、

光は波長によって色が変わり、波長の長い順にとなっています。

また、光は異なる物質を通った時、屈折します。その度合いを屈折率と呼びます。

その光の屈折率は、波長が長くなるほど小さく、屈折率の小さい順も、

赤・橙・黄・緑・青・藍・紫となります。

ここで太陽を背にして雨粒で反射した光を見てみると、

太陽の光は雨粒の表面で屈折して雨粒内に入ります

屈折して雨粒内に入った光は、雨粒の反対側で反射し、

さらに雨粒内を出て行くときも屈折し、私たちの目に入ってきます

この時に光の色(波長)によって屈折率が違い、

波長の長い光(赤)ほど屈折率が小さいため、

地平面に対して大きな角度で進んできます。

逆に波長の短い光(紫)は地平面に対して小さな角度になります。

このため赤い光は最も高い位置(虹の最も外側)に見え、

紫の光は最も低い位置(虹の最も内側)に見えます。

その他の色の光は赤と紫の間に順番に並んで現れ、こうして見える虹を「主虹」といいます

そしてラッキーだったら二重の虹が見えることがありますよね!?

それは、太陽の光が雨粒の中で2回反射してくる場合があって、

その場合は、「主虹」とは逆に紫の光が高い位置に見えます。

こうした虹を「副虹といいます。

ちなみに虹を沖縄の方言(うちなーぐち)で言うと

「ぬーじ」と言います(^^♪

海の近くは天気が変わりやすく、雨が降ったり晴れたりするので

よく虹が現れます🌈

ラッキーだったらカヤックに乗りながらこんな虹も見れますよ💛

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぜひアルガイドに遊びに来てくださいね(^^)/

皆様のご来店、スタッフ一同お待ちしております。

By マッチ

前に戻る

コメントをどうぞ

アルガイドではコメント大歓迎です!
コメントは承認制になっており反映されるまで少しだけお時間がかかります。

上へ